Apple Watch

Apple Watch SEの違いは?全モデルの違いを一覧まとめ!


Apple Watch SE 第2世代が発売されたけどどうなの?
Apple Watch SEとSE2の違いって何?

Apple Watch SEを愛用している人はSE 第2世代との違いについて気になりますよね。

  1. Apple Watch SEからSE2に買い替えるべきか?
  2. Apple Watch SEの違いは?他のモデルとの比較は?

この2点を軸に紹介していきたいと思います!

Apple Watch SEが基準のモデルになるので、Apple Watch SEの違いを中心に他のモデルと比較してみたいと思います。

Apple Watch SEの違いは?他のApple Watchと違い一覧!

Apple Watch の違いについて一覧で確認してみて下さい!

Apple Watch SE Apple Watch SE 第2世代 Apple Watch 8 Apple Watch Ultra
サイズ 45mm or 41mm 44mm or 40mm 45mm or 41mm 49mm
耐水性 50m 50m 50m 100m
皮膚温センサー 非搭載 非搭載 搭載 搭載
衝突事故検出 搭載 搭載 搭載 搭載
Apple Pay 対応 対応 対応 対応
GPS 搭載 搭載 搭載  高精度GPS搭載
血中酸素ウェルネスアプリ 非搭載 非搭載 搭載 搭載
心電図アプリ 非搭載 非搭載 搭載 搭載
皮膚温センサー 非搭載 非搭載 搭載 搭載
心肺機能レベル通知 搭載 搭載 搭載 搭載
サイレン 非搭載 非搭載 非搭載 搭載
緊急SOS 搭載 搭載 搭載 搭載
転倒検出 搭載 搭載 搭載 搭載
水温センサー搭載水深計 非搭載 非搭載 非搭載 搭載
充電 最大18時間 最大18時間 最大18時間 最大36時間
高速充電 非搭載 非搭載 搭載 搭載
チップ S5 SiP S8 SiP S8 SiP S8 SiP
素材 アルミニウム アルミニウム アルミニウムor ステンレス チタニウム
ディスプレイ Retina Retina 常時表示Retina 常時表示Retina
重量 26.4〜 30.5g〜 31.9g〜 61.3g〜
カラー 全3色 全3色 全7色(赤あり) 1色のみ

今回のApple Watch SEとSeries 8、Ultraで進化したポイントはチップですかね。

S8 SiPに進化したという事で、従来のApple Watch性能よりも高速になったみたいです。

Apple Watch SEとSE 第2世代の違いについて

Apple Watch SE 違い

Apple Watch SEの新モデルが発売されると聞いて、これは買い替えた方が良いのか!?と思った人も多くいると思いますが。。

Apple Watch SE何が変わった?

チップがS5 SiPからS8 SiPにアップグレード!

カラーバリエーションが変わった

正直Apple Watch SE初代とApple Watch SE 第2世代との違いについては、これくらいしかないですね。

Apple Watch SEとSEの第2世代に違いはほぼないといっても良いかもしれません。。

私もApple Watch SE買い換えちゃおうかなと思いましたが、正直全然アップグレードされてないので、今回の買い替えは断念しました。

ただ、元々Apple Watch SEが持っている機能としては十分なので、これからApple Watchを買おうか検討している人にはとてもおすすめですよ!

SuicaやPasmoも対応しているので、その点もおすすめポイントです。

Apple Watch SE とSeries 8の違いについて

Apple Watch SE 違い

全体的には先ほどの一覧を見て頂けたらわかると思いますが、大きく違う点を一点紹介します。

ディスプレイ領域の大きさがApple Watch SEより約20%も広くなった!

Apple Watch本体そのものサイズは1mmくらいしか変わらないのに、ディスプレイ領域はApple Watch SEと比べて20%も広くなったという事で、ここは大きく違いますね。

その他Apple Watch SEとの違いについて

常時表示Retinaディスプレイ

高速充電

血中酸素ウェルネスアプリ

心電図アプリ

皮膚温センサー

ステンレスモデル

Apple Watch SEとSeries 8の違いとしてこれらがあります。

個人的には、魅力的なのは高速充電くらいですかね。

常時表示は個人的には全然不要です

ただ、血中酸素とかの健康アプリ系はSeries 8の方が充実しているので、スポーツされる方や持病をお持ちの方にはこれらのアプリがとても役に立ちそうです。

Apple Watch SE 第2世代とUltaraの違いについて

Apple Watch SE 違い

Apple Watch SEにない機能や性能たくさん持っていますが、一般的な用途でApple Watchを使いたい人にはそこまで必要な機能はなさそうです。

ただ、デザインとか見た目ががっしりしていてファッションとしてとてもカッコイイ!!

まだ、あまり着けてる人を見ないので、そういった意味でもレア感があってイイなと思います。

Apple Watch SEとUltraの違い

常時表示Retinaディスプレイ

高速充電

耐水性 100m

水深計・水温計

高精度GPS

血中酸素ウェルネスアプリ

心電図アプリ

皮膚温センサー

材質がチタニウム

カラーが1色のみ

アウトドアとか、ダイビングする人向けの機能が追加されてます。

材質もチタンという事でかなり衝撃にも強い設計になっていると思われますね。

その分、重量も61gあって、Apple Watch SEと約2倍も重くなってます。

とにかくディスプレイが大きいので、そういった面で使いやすさもアップしていますね!

Apple Watch SEの違い!まとめ

Apple Watch SEの違いを他のモデルと比較するとわかりやすいです。

Apple Watch SEとSEの第2世代では値段もほとんど変わらなかったので、チップが変わった程度でそこまでのアップグレードには至らなかったようです。

円安の影響もほとんど受けてなくて、あまり前回のモデルと値段は上がりませんでした。

ただ、そもそもApple Watch SE自体がコスパが良くておすすめなので、まだApple Watchを持ってない!という人はApple Watch SEから購入検討してみて下さい!

正直Apple Watch買ってしまったら他の時計つけなくなってしまいますが…

Apple Watch 8やUltraについては、ディスプレイの大きさだったり、材質が選べたり、好みで色々な選択が出来るのがとても魅力的です。

私もがっしりした時計が元々好きなので、そういった点でApple Watch Ultraめちゃくちゃカッコイイなー!って思います。

Apple Watch SE
Apple Watch Series 8
Apple Watch Ultra

自分の好みのApple Watchを是非見つけて見てください。


ABOUT ME
piroshiki2016
経歴:国立大卒→イギリス留学1年→東証1部上場企業勤務のサラリーマン(社会人10年目) Apple大好き →iPad,iPad Air,iPad mini,iPad Pro,MacBook Pro,iPhone所有